見出し画像

私のSV宣言バトン~セールス編 #03

GMOインターネットグループが大切にしている『GMOイズム』にある『スピリットベンチャー宣言』には、私たちの夢や社会に果たす役割などのミッション、それを成し遂げるための事業戦略が示されています。

私のSV(スピリットベンチャー)宣言バトンでは、パートナーにとって特に思い入れのあるスピリットベンチャー宣言の一節とエピソードを聞いていきたいと思います!

第3回目は、GMOアドマーケティング 営業企画部の関﨑さんにインタビューしました。

【プロフィール】
関﨑 希美(せきざき のぞみ)
GMOアドマーケティング株式会社 営業企画部
2019年4月、GMOアドマーケティングに新卒入社。
代理店向き合いの営業担当として、広告代理店や広告主へ営業活動をおこなう。現在はリーダーとしてメンバーのマネジメントにも取り組む。

ー 思い入れのあるスピリットベンチャー宣言を3つ教えてください

取引先との交渉は代理人経由ではなく、直接決裁権限を持つキーパーソンと実施する。

結論ファースト。

明るく、にこにこ、大きな声。GMOインターネットグループの特徴です。

ー 3つのSV宣言を選んだ理由をそれぞれ教えてください

取引先との交渉は代理人経由ではなく、直接決裁権限を持つキーパーソンと実施する。

新卒で入社した時はピンとこなかった一節でした。社会人として経験を積んでいくうちに、どんどんこの内容の重要さがわかるようになり、自身の成長を感じたため選びました。

この一節の重要性を感じたのは、新しいクライアントへ営業活動をしている時でした。当時の私は話しやすさから、同じレベル感で話せる現場の方に営業をしていたんです。しかし、先方も確認します、こちらも確認しますとお互いに上長への確認が多くなってしまい、なかなか話が進みませんでした。そんな時バディの先輩に相談をしたところ「それだと、アプローチ先が悪いのかもね。」と言われました。担当の方が知っていること、判断できることが限られているとなかなか話が進まないため、クライアントに上司の方を呼んでもらい、私自身も上長と一緒に提案に伺うようにアポイントの取り方を変えました。
そうすることで、スムーズに案件が進行するようになり、決裁権限者に話すとはこういうことかと身をもって感じました。

新卒で入社しこの一節を見たとき、決裁権限を一番持っている人は社長だと思っていたんです。平社員である私が、社長に直接話すのは難しいことでは?と考えていました。しかし、実際に営業活動をしていくなかで、少し上の方に相談する、また御社の力になりたいというマインドで営業活動をすることで、判断力を持った方を動かせると感じました。

今は私自身がリーダーの立場になり、チームメンバーのアタック先が適切か考えるようになりました。この部署であっているか、またその担当者に話して正解なのか、うまく進みそうか、メンバーとも話しながら、営業活動をフォローしています。


結論ファースト。

一番シンプルですが、仕事を進めるうえですごく重要なことだと思い選びました。また、私の体感にはなりますが、スピリットベンチャー宣言の中でも最も実践されている内容だと感じています。

じつは、私の同期がまさに「結論、~。」と話すんです(笑)。
同期だけでなく、私たちの会社は結論から話す人が多いと感じています。私は新卒でGMOアドマーケティングに入社しているので、他の会社がどうなのかわからないですが、私たちの会社のメンバーは最終的な結論を話してから、理由付けをする人が多いです。難しい話を聞くときにも理解しやすいので、良い文化だと思っています。

また私自身も、結論ファーストで話すように気を付けています。
特に相談するときは、同期ではなく、先輩や上司に相談することが多いと思います。自分より忙しい方なので手間をとらせないように、相談なのか、意見なのか、確認なのか、またやってほしいこと、求めていることを先に伝えるようにしています。

シンプルだけど、意識するだけで仕事はスムーズに進むと実感しています。説明するときに背景が大事だと思ってしまうことって多いと思います。お客さんの考えや私がどのように伝えたかなど、全ての流れを伝えたくなってしまいますが、先輩が忙しくて話しかけられない時に、文章で書いてみたらすごく長くて、何が言いたいかわからないと感じたんです。そこで結論を最初に持ってくる伝え方の練習になりました。テキストに起こすと自分が話している量を実感できますね。入社してからの4年で、結論ファーストを習得していったと思います。

明るく、にこにこ、大きな声。GMOインターネットグループの特徴です。

私たちが入社した時は新卒研修の一環で宿泊研修があったんです。GMOアドパートナーズだけでなく、GMOインターネットグループ全体の新卒、130人ぐらいが参加していました。全体研修を4月~5月の間に1ヶ月程うけた後、研修の締めくくりとして宿泊研修がありました。そこで、オリンピックゲームというゲームにチームで取り組みました。どのようなゲームか簡単に説明すると、国を選んで、その国の人になったつもりでオリンピックが来てもらえるように誘致するプレゼンを考える。そして、最後にどのチームが良かったか投票をおこないました。

全体研修の間は1日1回、スピリットベンチャー宣言を読んでいたのですが、宿泊研修の間は朝昼晩、2日間で合計6回読みました。全員で声をあわせてスピード感早く読む練習をしていました。

宿泊研修が終わった後に、新卒研修のお疲れ様会がGMO Yoursで開催されたんです。各社役員、EMも参加する、立食パーティーでした。その時にオリンピックゲームの表彰式があったのですが、オリンピックゲームの表彰だけでなく、個人賞としてSV宣言賞があったんです。スピリットベンチャー宣言の内容に沿った行動ができた人に与えられる賞で3名が表彰されたのですが、私は「あかるくにこにこ大きな声」で表彰されました!「宿泊研修の中で、スピリットベンチャー宣言を一番大きな声で、一番ハキハキと読んでいました。」と表彰していただきました。そして「圧倒的1番になる」というTシャツをいただきました(笑)。表彰していただくきっかけになった、思い入れのあるスピリットベンチャー宣言です。
  

今回は、セールスの関﨑さんにインタビューしました。
関崎さんのインタビュー記事もぜひご覧ください。

次回もお楽しみに!

GMOインターネットグループが日々実践するスピリットベンチャー宣言の全文はこちらのnoteで紹介しております。ぜひご覧ください。

Text & Directed by. Ami Ogata


この記事が参加している募集

#オープン社内報

22,832件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新情報はTwitterでお伝えします😊