宮崎オフィスから渋谷を支える~リモートワークのコツとオフィス移転の裏側を聞く
見出し画像

宮崎オフィスから渋谷を支える~リモートワークのコツとオフィス移転の裏側を聞く

GMOアドパートナーズ 公式note

GMO NIKKOは、デジタルマーケティングを強みとする総合インターネット広告会社です。お客様にとってかけがえのないチームであり続けるため、ビジョンに「Surprising Partner.」を掲げ、お客さまに寄り添った最適な提案を日々おこなっています。

GMO NIKKO 宮崎オフィスで総務、人事、採用と幅広くアシスタント業務をおこなう山之内さんにお話を聞きました。

【プロフィール】
山之内 緑(やまのうち みどり)
GMO NIKKO株式会社 エリア事業本部 アシスタントグループ
NFT事業推進室兼任
GMO NIKKO エリア事業本部に中途入社。入稿担当などオプティマイザー業務を経て、エリア統括部アシスタント、NFT事業推進室のアシスタントに取り組む。

宮崎から渋谷で働くパートナーを支える

-山之内さんの仕事内容について教えてください。

現在は、エリア事業本部のアシスタント業務、また新しい組織であるNFT事業推進室でのオペレーション担当を兼務しています。エリア事業本部の業務では、採用、人事、総務、スケジュール調整、GMO hinataの運営管理など幅広く担当しています。またNFT事業推進室では、営業メンバーのスケジュール調整や計上作業、一緒に宮崎オフィスで働く入稿担当のメンバーとの連携もおこなっています。


-幅広い業務を担当されていると思いますが、もともとアシスタントとしてご入社されたんですか?


もともとは入稿業務などのオプティマイザーとして入社しました。
入社して1年経ったころに、アシスタント業務をやってみないか?と声をかけていただいたのがきっかけで今のポジションになりました。


-異動の話を聞いてどうでしたか?

1年経ってやっと業務やメンバーに慣れたころだったので、今まで積み重ねたものが全部ゼロになるのではと悩んだりもしました。先輩たちから1年かけて教わっていたので、申し訳ないという気持ちがあったんです。

でも、やってみないかと声をかけていただいたときに、なかなかそんなチャンスはないと思いました。アシスタントという仕事は、みんなのフォローやサポートをする仕事なので、自分には向いているかなと思い、少し考えて「やります」とお返事をしました。

-宮崎にいながら、渋谷オフィスのメンバーとコミュニケーションをとることが多いと思うのですが、工夫していることはありますか?

チャットでのコミュニケーションがメインですが、対応がイレギュラーな場合は返答の仕方を考えるのも大変なので、電話でもコミュニケーションをとるようにしています。文章のみのやり取りだと解釈が異なってしまうこともあると思うんです。そんなときは自身の解釈もあわせて連絡することで、認識の齟齬がないようにしています。

実際に、オンライン会議などを使ってミーティングをするまでもないときってありますよね。細かい確認が必要なときは、会話をすることでお互いの認識をすり合わせることができ、円滑に進みコミュニケーションがとれると思います。チャットと電話を使い、臨機応変に対応しています。


入社を決めた理由

-前職はどのような仕事をしていましたか?

前職のお仕事は少し変わっていて、着ぐるみを作る会社に勤めていました。くまもんや、宮崎県のシンボルキャラクターのみやざき犬も作っていました。その前はレセプションやホテルの受付をおこなっていたので、当時対応してた電話対応や来客者のご案内などのスキルが今のアシスタント業務に繋がっていると感じています。


-GMO NIKKO 宮崎オフィスを選んだ理由を教えてください。

実はGMO NIKKO 宮崎オフィスで友人が働いており、紹介してもらったのがきっかけです。たまたま前職をやめるときにその友人と話す機会があり、募集しているポジションがあり、よかったら説明会を開くよと言ってくれたんです。そこから自分なりに会社を調べた上で、友人が用意してくれた説明会に参加させていただきました。

説明を聞いてみて、未経験でも大丈夫という安心感が大きかったのを覚えています。そして、宮崎に広告代理店やIT企業が少ないということもあり、GMO NIKKOに入社を決めました。


ー実際に入社してみていかがでしたか?

一番思ったのが、すべてのスピード感が速い!でした。何においても速いですね。宮崎はのんびりしている土地柄なので(笑)。起案してからGOサインが出るまで、実施するまでが本当に短期間で進んでいきます。例えば、フレックス制度関係やハイブリット出社など、制度もとても速いスピードで決まったのが印象的でした。普通の企業と違うところだと思います。


ー慣れるまで大変ではなかったですか?

慣れるまでは大変でした(笑)。でも、悪い方向に進むことではないですし、慣れてしまえばこのスピード感がありがたいと思います。待って時間が過ぎることがあまりないです。宮崎にいて東京と同じスピード感で、同じように動けることはなかなかないと思うんです。その刺激を受けられる環境がとても良いなと思います。


GMO hinataの魅力

ー山之内さんはGMO hinataのオフィス移転にも関わっていたんですよね!

オフィスの場所などを決めるのは、GMOアドパートナーズを含む、GMO hinataに入居しているGMOインターネットグループのパートナー(社員)が担当されていました。移転前の2020年12月以降はGMO hinataのルールやマナー、現地でどのように運営していくかなどを決めていきました。その後、2021年に入ってから引っ越し、前に入居していたビルの掃除、オープン準備とバタバタしていました。

当初は、GMO hinataの運営もおこなっていたので、お弁当の配布なども担当していました。新しいオフィスに移転して、パートナーの皆さんが過ごしやすいと感じてくれていたら嬉しいです!



ー新しいオフィスの好きなところを教えてください。

好きなところだと、GMO hinataオフィスの入り口にあるバーカウンターが好きですね。ここで仕事することが多いです。気分転換になりますし、デスクの高さがちょうどいいところも好きな理由です(笑)。フリーアドレスなので、メリハリをつけて働けていると思います。

また、GMO hinataで一緒に働いているGMOインターネットグループの方と話す機会がすごく増えたのもいいなあと思っています。現在GMO hinataには、GMOインターネット、GMO TECH、GMOコマース、GMOドリームウェーブ、GMO NIKKOの5社が入居しています。オフィスの執務スペースにはほとんど壁がないので、誰がどこの会社の人かわからないぐらい距離が近いです(笑)。今回オフィスの移転に関わったことで、いろんな人と繋がる機会がになったのも、嬉しかったです。グループ間でコミュニケーションが活発になって、グループシナジーに繋がったらいいなあと思っています。



ーGMO NIKKOに入社してよかったことを教えてください。

前職の話をしたときに、受付の仕事が今の業務に役に立っていると話しましたが、今までやってきた仕事や仕事の中で学んだことが今のアシスタント業務で役に立っていることが多く、入社してよかったと感じています。電話対応、受付業務、さまざまな調整など……。今までやってきていた業務一つひとつの点が線で繋がったと感じています。

私自身、なにかがすごく得意ということがなくて、強みがないと思っていたんです。アシスタント業務はなにかがずば抜けているより、いろんな側面、いろんな方面を俯瞰しないといけない仕事なので、今のポジションに繋がってよかったなあと思っています。

ー今後の目標を教えてください!

今後はNFT事業推進室の足元づくりとAdam byGMOの知名度を上げることに注力していきたいと思っています。
業務フローや管理方法をよりよくする為にトライアンドエラーを繰り返しながら、構築しているところです。同時に業務の効率化を行える部分は積極的に効率化を行うようにしています。

まだまだ勉強が必要な分野ではありますが、Adam byGMOが国内のNFTマーケットでNo.1になる為に、模索しながら前に進んでいこうと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回はGMO NIKKO 宮崎オフィスでアシスタント業務をおこなう山之内さんにインタビューしました。

現在、GMO NIKKOでは事業拡大にともない、新たな仲間を募集しております。皆さまのご応募をお待ちしております。

Text & Directed by. Ami Ogata


この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新情報はTwitterでお伝えします😊

スキありがとうございます!また読んでください😊
GMOアドパートナーズ 公式note
GMOアドパートナーズ 公式note編集部です。「ともにつくろう」をミッションに、インターネット広告・アドテクノロジーの分野で活躍する「ひと」と「いま」をお届けしています。