見出し画像

【前編】21卒エンジニアが就職活動から入社まで振り返ってみた。

GMOアドマーケティングでは「私たちはインターネットを通じて生活者、メディア、広告主、関わるすべての人が豊かになる世界を目指します」をミッションとして掲げ、さまざまな事業を展開しています。
このミッションを叶えるため、「AkaNe」「ReeMo」「TAXEL」などアドテクノロジーを駆使した自社プロダクトを開発・提供しています。

2021年4月、GMOアドパートナーズの連結会社であるGMOアドマーケティングに新卒入社した、岸田さんにお話を聞きました。今回は岸田さんインタビューの前編「就職活動から入社まで」をお届けしたいと思います。

画像2

【プロフィール】岸田 優輝(キシダ ユウキ)
GMOアドマーケティング株式会社 開発本部 開発部
2021年4月GMOアドマーケティングに新卒入社。
同志社大学 理工学部 インテリジェント情報工学科を専攻。その後、実践能力をつけるため、同志社大学院 理工学研究科 情報工学専攻に進学。そこで情報・IT業界に興味を持ち、GMOアドマーケティングへ入社。


インターネットに興味を持った学生時代

画像2

ー岸田さんが大学で学んできたことについて教えてください。

大学では情報工学を学んでいたので、情報の基礎的なことやプログラミング、通信する方法など、情報技術全体について学んでいました。


ーなぜ情報工学に興味を持ったのですか?

自分で考えたものをインターネット上で動かすことができたら楽しいかもと思い始めたことがきっかけです。

私は、高校生の頃から論理的に考えることや筋の通った考え方が好きでした。そこで大学の進学先を決める直前に情報系に進学することができたら、論理的な考え方が活かせるのでは?と思うようになりました。

ー大学院に進学された理由は何かありますか?

自分が将来どんな仕事に就きたいか色々考えていたときに「学部生の経験だけでは実践的なスキルが一切ないな」と感じたからです。当時はプレゼン経験もなければ実行能力もなかったので……。

大学院に進んだら、学会もあるのでプレゼンする機会もありますし、今学んだことを深める研究もできると思いました。また、大学院で実行能力をつけることで、社会に出た際に即戦力として仕事に活かせる何かを得られると思い、進学を決めました。


入社のきっかけは夏のインターンシップ

画像3

ー岸田さんはどんな軸で就職活動をはじめましたか?

大学院に進学してすぐ、漠然とですが「IT・情報系の会社で働きたいな」と思っていました。ただ、具体的な軸はあまり考えられていませんでしたね。


ーGMOインターネットグループに興味を持ったきっかけを教えてください。

就職先について先輩に相談していたのですが「夏のインターンシップに参加してみるといいよ」とアドバイスいただき、その時募集していた企業のインターンシップを色々と調べていました。

そこで、GMOインターネットグループが夏のインターンシップを2週間という期限付きで募集しているのを見つけ、おもしろそうだったので申し込んだのがきっかけです。


ーインターンに参加してみてどうでしたか?

すごくおもしろかったです!
他企業のインターンシップも参加したのですが、どのインターンシップも基本的にはチームディスカッションがメインでした。
ですが、GMOインターネットグループだけは、「2週間でクリック率を予測するモデルを考えよう」など、実践的なプログラムばかりでおもしろかったんです。

入社して感じた居心地の良さ

画像4

ーインターネット広告業界に興味を持ち始めたのはいつ頃ですか?

もともと広告自体にそこまで興味なかったのですが、おもしろそうと思ったのはインターンシップがきっかけです。

普段何気なく見ているWebメディアに馴染んでいる広告には、いろんな技術が使われているということを学び、もっと知りたいと思うようになりました。
仕組みについて何も知らなかったころは、インターネット上に出ている広告は、適当に出ていると思っていたのですが……(笑)。広告を見る人に対して複雑で深いロジックがたくさん絡んでいることを知り、おもしろいと思いました。

今はスマホが手放せない世の中なので、どの世代の方でもインターネット広告は必ず見ることになりますよね。そこに携われるのはおもしろそうだなと思いました。


ーGMOアドマーケティングに入社を決めた理由を教えてください。

インターンシップの経験が大きいです。
インターンシップに参加すると企業の文化や社風がわかると思うのですが、GMOインターネットグループの自由な社風が自分に合っているなと思いました。

ベンチャー企業を中心に就職活動をしていましたが、私にとって「自由に働ける環境」「風通しの良い環境」の2つがとても重要でした。


ー実際に入社してみてどうですか?

画像7

思っていたとおり、自由で明るい雰囲気で働くことができています!入社後のギャップは特にありませんでした。
エンジニアメンバーはみんな明るく、良い意味で自由な方が多いのですが、やらなきゃいけないことはしっかりやるメリハリのある先輩方ばかりなのでとても居心地が良いです。

気になることはすぐに相談できますし、やらなきゃいけないことはもちろん責任を持っておこないつつ、それ以外の時間は自由なので自分で時間をコントロールする点も良いです。
新卒だからとか関係なく、きちんと責任を伴いながら仕事を任せてもらえるのでモチベーション高く働けています。


ー先輩たちのフォローはどうですか?

画像6

1年目はバディと呼ばれる先輩が1on1でついて1年間サポートしてくれるのでとても手厚いと思います!バディの先輩はもちろん、周りにいる先輩方はみんな優しくて面倒見の良い方が多いです。

私の質問にもすぐ対応してくださるのですが、それ以外の時間で自分の仕事を一気に進めていて……。メリハリがすごいなと尊敬しています。
自分のタスクをしていると、開発業務にこもり気味になってしまいますが、気にかけていただいて嬉しいです。


ー岸田さんが感じるGMOアドマーケティングの魅力は何ですか?

自由なところですかね(笑)。
先ほどお伝えしたとおり、メリハリをつけた働き方ができるので自分の時間を十分に持つことができますし、開発スキルのレベルも高いので日々勉強できることも大きな魅力です。

あと、GMOアドマーケティングの場合は、「AkaNe」や「TAXEL」など自社プロダクトを持っているので、開発スピードがとても速いです。自社ですべてを完結することができるので、情報も社内ですぐ伝達できますし、意思決定が速いと思います。
その分、開発途中に何か不具合が起きた場合、臨機応変に方向転換もできますし、開発しやすい環境なのも魅力的だと感じています。


ー就職活動中の皆さんにGMOアドマーケティングをお勧めするとしたらどんなポイントを紹介しますか?

画像8

自社プロダクトを取り扱ってるからこその開発環境について紹介したいですね。社内にはエンジニア以外の職種の方も多いので、いろんな知識を得ることができます。

GMOアドマーケティングのエンジニアは、自分が開発したプロダクトを社内の営業メンバーがお客さまに提供するので、必ずフィードバックがもらえます。開発したものに対して率直なフィードバックがもらえる環境ってなかなかないと思うので、エンジニアにとっては良い環境だと思います。

あとは、オフィスも最高です(笑)。とくにシナジーカフェGMO Yoursがお気に入りなのですが、食べ物と飲み物がすべて無料なんです!
地方から出てきて1人暮らししている私にとってはとてもありがたい環境です。

画像5

ランチとは別で、毎日焼き立てのパンも並ぶのですが1日に6個くらい食べています(笑)。GMO Yoursのおかげで出社がまったく苦ではないですね。
渋谷フクラスのオフィスに来たことない方はぜひ遊びに来てほしいです!


最後までお読みいただきありがとうございました。

今回はGMOアドマーケティングに新卒入社した岸田さんに就職活動から入社まで振り返っていただきました。後編もぜひご覧ください!

現在、事業拡大にともない、新卒・中途ともにエンジニアメンバーを募集しております!皆さまからのご応募お待ちしております。

Text & Directed by. Rika Murata

この記事が参加している募集

オープン社内報

更新情報はTwitterでお伝えします😊

スキ嬉しいです!また読んでください😊
80
GMOアドパートナーズ 公式note編集部です。「ともにつくろう」をミッションに、インターネット広告・アドテクノロジーの分野で活躍する「ひと」と「いま」をお届けしていきます。