見出し画像

働くパパ・ママを応援!世界一の社内託児所【GMO Bears】に迫る~利用者だけが知る秘密とは?

GMOアドパートナーズでは働く仲間を応援するためにさまざまな福利厚生を用意しています。
今回は、福利厚生の一つでもある世界一を目指す託児所プロジェクト GMO Bears(ベアーズ)についてご紹介します。実際に利用しているメンバーの声もご紹介しているのでぜひご覧ください!


キッズルーム GMO Bearsとは


GMOインターネットグループには働くメンバーのお子さんたちが通う社内託児所「GMO Bears」があります。働くパパさん・ママさんが安心して仕事と育児の両立ができるように…と生まれた福利厚生のひとつです。

まずはGMO Bearsが掲げている理念と目標、特色をご紹介します。

画像6


ー保育理念

「キッズルーム GMO Bears」は子どもたちに愛と奉仕の精神を育み、世界の人々と社会、未来のインターネット産業への貢献を進んで果たすきっかけの場となる。

ー保育目標

■愛と笑顔
「GMO Bears」はいつも笑顔であふれ、子どもたちは「GMO Bears」の保育パートナーやGMOインターネットグループのパートナーに愛される経験の中で生活をする。

■信頼と思いやり
子どもたちは「GMO Bears」という生活・環境の中で喜びを感じ、関わる人々の中で生まれる信頼感、思いやりの心を育む。

■遊びとIT
「GMO Bears」の子どもたちはよく遊び、遊びの中で意欲をもってITに接し、よく聞き、よく見、よく考えることができるようになる。

ー保育の特色

■便利なランドリーサービス
タオル、おむつなどは「GMO Bears」で完備しています。少ない荷物で登園できます。

■柔軟な受け入れ体制
急なお仕事で子どもを預けたいという希望にできる限りお応えします。

■充実のカリキュラム
豊富で柔軟なカリキュラムをご用意します。(音楽会・クリスマス会ほか)

■子どもとのランチタイム
渋谷セルリアンタワーにあるコミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours」で子どもと一緒にランチタイムを過ごせます。

■近隣小児科と連携
急な発熱でもご安心いただけるよう、近隣小児科医と提携しています。


GMO Bears利用メンバーの声


今回は2歳になる息子さんを育てながらGMOアドパートナーズの採用戦略部で働いているWakanaさんに、実際に利用してみた様子やココだけの話をたっぷり教えていただきました!

ベアーズ04_ハロウィン①

こちらの写真はGMO Bearsで開催されたハロウィンイベントの様子。息子さんの後ろにいるのは今回インタビューにお答え頂いたWakanaさんです!


ーお子さんとってもかわいいですね!普段はどんな性格のお子さんですか?
ベアーズ08_園でのお食事風景 (2)

GMO Bearsでのお食事風景

家では活発な子だなぁと思っていましたが、他の子と比べるとおとなしいみたいです!コンビニにいったときなど、知らない人にも『ばいばーい』と勝手に話かけるので、人見知りではなさそうです(笑)。


ーこんなかわいい子に手を振られたら癒されますね…
 いつも何時ごろに出社してお子さんを預けているんですか?

私の場合は、始業開始が10時だったので9時半にGMO Bearsに預けていました!


ー出社前にお子さんを預けに寄っていたんですね!
 なぜGMO Bearsを利用することになったんですか?

なんとなく「子どもが1歳になるまでは、仕事に復帰せず自宅でゆっくり子育てをしたいな~」と考えていたので、子どもが1歳の誕生日を迎える11月に認可保育園に入園できたらいいなと思っていました。ですが、やはり噂に聞いていたとおり認可保育園は激戦!入れたらいいなぁと申し込んでみたものの結局落ちてしまい…GMO Bearsへの入園を決めました。


ーそうだったんですね!保育園が決まるの大変とみなさんおっしゃっていますよね。GMO Bearsに通う前、不安に思っていたことはありますか?

電車通勤の予定だったので、車内で泣いてしまったらどうしよう…と不安でした(泣)。


ーたしかに…人も多い通勤時だと不安ですよね。実際はどうでした?

思っていたより子供が泣かなかったのと、通勤時間に30分余裕をもっていたので、何かあれば下車して対応していました。また、想像していたよりも周りの皆さんが優しくしてくれたのが大きかったです。
一度、ものすごく泣きさけんだ日があり、途中駅であやしていたところ全然知らない人が大量のシールをくれて…子供は大喜びでご機嫌に!他にも、いつも構ってくれるおじさんや、声をかけてくれる人など、全然知らない方たちが大変な通勤を支えてくださいました!

ー素敵なエピソード!朝はピリピリしている人が多いのかな…?と思っていましたが実際は優しい方が多かったんですね!


GMO Bearsは働くパートナーの救世主?!


ーGMO Bearsの特にここが助かった!というポイントはありますか?画像5

持ち物が非常に少ないです!
基本的に、着替えのみの用意でOKです。認可保育園だと着替えに加えて、
・お昼寝シーツ&タオルケット
・お食事エプロン&タオル
・おむつ(1枚ずつ名前を書く)←すごく面倒
が必要なので、洗濯回数が激増し家事が増えるんです…


ーGMO Bearsはリモートワーク中もサポートがあると伺ったのですが利用されましたか?

はい!利用していました。定期的に、先生方が出演する動画(ダンスやパネルシアター)を送ってくれたので子どもも大喜び!私が仕事している間も動画を見て踊ってくれているのでありがたいです(笑)。 また、育児で困ったことも気軽にLINEで相談できたりするのでリモートワーク期間もとても助けられていました。


ーGMO Bearsを利用できて良かったと思うことはどんなことですか?

働くママだと、どうしても保育園の入園時期ありきで復帰を考えることになりがちですが、GMO Bearsがあったことで『自分の理想の子育て(=1歳くらいまでは、自宅で子育てしたい)』の1つを実現できたことが、本当にうれしかったです。


子どもも大喜び!楽しいイベントが盛りだくさん!


ーGMO Bearsって定期的にイベントが開催されていますよね?ベアーズ02_クリスマス会② (2)

そうなんです!社内の方々を巻き込んだ形でのイベントが多数ありますが、仕事を中抜けしながらイベント参加できるのがとっても魅力です!認可保育園ですと、休日にイベントをやるか、平日に開催予定の場合は会社をお休みしていかないといけないので…仕事の合間に行けるなんてなかなかない環境だと思います!

ーたしかに!仕事の合間にお子さんとのイベントに参加ってなかなかできないですよね。


GMO Bearsの利用者しか知らない秘密だったり思い出をこっそり教えてください(笑)!ベアーズ05_ハロウィン②

クリスマスやハロウィンの時には、GMOインターネットグループ各社の役員の方や熊谷代表が参加してくださったり、役員の方の執務スペースなど、普段はなかなか入れない場所に子供と一緒にいってお菓子をいただきました!非常に思い出深いです(笑)。

ーすごい!役員の方々も積極的に参加してくださっているんですね!お子さんと一緒に会社探検できるなんて楽しそう…


今後はフルキャリを実現!


ベアーズ07_遠足②

GMO Bearsのみなさんと遠足に行ったときの様子

ー仕事と子育てを両立するコツを教えてほしいです!

すべての仕事の期日を自分の中で明確にして、1営業日前までには終わらせておく。子供が突然体調不良でお休みすることもあり、そんなとき自分のせいで周りの人の仕事が止まらないように早め早めの仕事を心がけています。


ー働きながら子育てをするにあたり、部署やチームメンバーなど、周囲の反応はどうですか?

時短勤務をしてますが、部署のメンバーは皆さん優しくて有難いです。とっても理解頂いていると思います!


ー周りの理解があるのはとても安心ですね!今後はどのように働いていきたい!など、考えていることはありますか?

最近、『フルキャリ』という言葉を知り、すごくしっくりきました。
抽象的ですが、このイメージで働いていけたらいいなと思っています。

『フルキャリ』とは、プライベートでは結婚も出産もして、家事や子育てにも積極的に取り組みながら、仕事でも、周囲の期待に応える成果をしっかりと出して、仕事を通じて少しでも自分を高めていきたいという考え方です。

ーフルキャリ!いいですね。
これからは更に多様な働き方を実現して働きやすい環境を一緒につくっていけたら良いですね!


まとめ


実際にGMO Bearsを利用している仲間がたくさんいます!子育てに理解のある仲間が社内にいるのはとても安心ですよね。最近は産休後に復職される方が大半です。

GMOアドパートナーズには一緒に働く仲間が、それぞれのライフプランに合わせて長く安心して働けるような福利厚生をたくさんご用意しています
今後もGMOアドパートナーズの福利厚生についてご紹介していくのでお楽しみに!



この記事が参加している募集

オープン社内報

更新情報はTwitterでお伝えします😊

スキ嬉しいです!また読んでください😊
21
GMOアドパートナーズ 公式note編集部です。「ともにつくろう」をミッションに、インターネット広告・アドテクノロジーの分野で活躍する「ひと」と「いま」をお届けしていきます。

こちらでもピックアップされています

制度・環境
制度・環境
  • 6本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。